ポレポレ英語はいつから?難易度は早稲田・慶應&東大・京大レベルで超難しい?

2022年9月2日

ポレポレは西きょうじ先生の超名作で、Amazonでの評価も5点満点中で4点を大きく超えています。

とても評判が高い参考書で、レビューや口コミも多く寄せられています。

利用者のレビューを見ながら、ポレポレのレベルや特徴を見ていきましょう!

日東駒専落ちから早慶の長文を速読できるようになったワザはこちら

 

ポレポレの特徴

ポレポレの公式の紹介には、下記のような記載があります。

「なぜそうなるかのプロセス」を重視した問題演習書。読解に絶対必要な基本プロセスが身につく。

英文を読む際につまずくポイントを、「どうしてこう読んではいけないのか」、「なぜこう読むべきなのか」という点まで、詳しく解説してくれます。

特に難関大学で出題される長文に多く登場するような、難解な英文の読解法を学べます。

「西きょうじ先生は神」「ポレポレは最強」という、信者のような受験生も多く存在するほど、ポレポレは熱狂できなファンが多いです。

日東駒専落ちから早慶の長文を速読できるようになったワザはこちら

 

ポレポレの口コミ・レビュー

Amazonのレビューでは、下記のような投稿がありました。

構文には必ずカギというかカタというか、「あれっ」と思う部分があるので(例えばandやtoが複数使われているとか、前置詞から始まってるとか)、それらを見抜くプロセスを繰り返すことで、いろんなパターンを知ることができます。

私が受験生の時も、早稲田大学に向けてポレポレを勉強したのですが、まさにこの口コミの通り。

1つ1つの例題に「あ、ここか!」という、ヒッカケのようなポイントが隠れています。

例えば「このandは、こっちにかかっていたのかー!」というようなイメージです。

普段は無意識のうちに読み流してしまうような部分ですが、それをしっかりと正面から取り組めるようになっていて、英文を読む力をワンランクあげられます。

実際に早稲田大学の入試でも、ポレポレで取り組んだ形式の英文が出てくることも多かったです。

日東駒専落ちから早慶の長文を速読できるようになったワザはこちら

 

ポレポレのレベル・難易度

ポレポレのレベルに対して、下記のようなレビューが投稿されています。

ポレポレという名前で惹かれて買いましたが、英語力が相当高い方向けでした。薄いテキストですが、難しくて私は早々に挫折しました。

薄いテキストですが、かなりやりごたえあります。難関大学を目指す人はチャレンジする価値あると思います。

ポレポレは難しいとか解説が不親切などと言う人もいますが、これの前の段階で基礎をしっかりやっていれば普通に取り組める難易度です。解説も十分すぎるくらいだと思います。

難易度は比較的高く、早稲田や慶應、東大・京大など難関大学を目指す人向け。

収録されている例題のレベルはとても高く、特にライオンマークがついている例題は激ムズです。

偏差値が最低でも60を安定的に超えるようになってから、ポレポレに取り組むようにしましょう。

そうでないと「例文が難しすぎる」「解説が詳しくない」というように、ポレポレを批判するような方向に向いてしまいます。

実際はポレポレに責任があるのではなく、まだポレポレに取り組むだけの実力が身についていないという事です。

MARCHレベルの長文はスラスラ読めるようになって、早稲田や慶應など難関大学の英語長文にハードルを感じるという人におすすめの参考書です。

日東駒専落ちから早慶の長文を速読できるようになったワザはこちら

未分類

Posted by reviewblog