【チャンクで英単語のレベル】大学受験の単語帳としての評価

2022年9月2日

チャンクで英単語はさほど知名度は高くないですが、Amazonでの評判はとても良く、評価も5点満点中で4点を超えています。

そんなチャンクで英単語のレベルと、実際に使っている人のレビュー・口コミを見ていきましょう。

英語の偏差値を1か月で30伸ばしたワザはこちら

 

チャンクで英単語の特徴

チャンクで英単語の公式ページには、下記のような紹介があります。

チャンクで覚えれば、そのまま英作文や英会話に使えます。
一つひとつの単語をより確実に覚えられるので、リーディング力ももちろんアップ。

チャンクは例文よりも短いもので、コンパクトに単語の使い方を学べます。

システム英単語のミニマルフレーズと同じイメージです。

例えば[young=若い]という単語であれば、

that young man

というチャンクが用意されています。

英作文やスピーキングでも使える、実践的な形で英単語を覚えられるので、とても効果的です。

バリエーション豊富な音声で発信型英単語学習を協力にサポート
スマートフォンアプリで聞くことができます。
チャンク、単語、例文など豊富なバリエーションの音声をご用意。

スマホのアプリで音声を聴くことができるのも、チャンクで英単語の強み。

単語単体の音声だけでなく、チャンクや例文の音声も手軽に聞くことができます。

英単語を発音しながら覚えることで、リスニングにとても効果的。

チャンクや例文を音読することで、スピーキングやライティングにも力を発揮します。

英語の偏差値を1か月で30伸ばしたワザはこちら

 

チャンクで英単語の口コミ

Amazonのレビューでは、下記のような口コミが寄せられています。

単語を使える(=長文に活かせる)形で覚えるのにはフレーズ単位が一番いい。

チャンクという丁度良いボリュームで覚えられるので、単語の訳だけでなく、使い方も学べます。

長文を読む際にも、単語の訳だけ覚えているよりも、実際に使われる形で覚えていた方がスムーズに訳せるでしょう。

英単語側を赤シートで隠すこともできる。

基本的に英単語帳は、訳が赤字になっていて、単語が黒字のケースが多いです。

そのため英作文用に、英単語を画して覚える際に効率が悪くなってしまいます。

チャンクで英単語は英単語も赤シートで隠せるので、ライティングやスピーキングのトレーニングにとても効果的です。

英語の偏差値を1か月で30伸ばしたワザはこちら

 

チャンクで英単語のレベル

チャンクで英単語はBasic、Standard、Advancedの3つのレベルに分かれています。

中学英単語が不安な方はBasicから

レベル3(アドバンスド)は早慶以外の人は無理してやらなくてもよさそう。

中学生レベルの単語から基礎を固められるのが、ベーシック。

標準レベルで受験で最も頻出の単語を固められるのが、スタンダード。

早稲田や慶應、東大・京大など難関大学を目指す人に必要なのが、アドバンスド。

 

もちろん早慶を目指すからといって、いきなりAdvancedに取り組めば良いわけではないです。

BasicやStandardでしっかりと基本を固めたうえで、難しい英単語を追加してください。

易しいレベルの英単語ほど重要度が高く、当たり前のように英文の中に出てきます。

背伸びをせずにまずは、基礎・基本の単語を固めていきましょう。

英語の偏差値を1か月で30伸ばしたワザはこちら

未分類

Posted by reviewblog