【Database AVAIL】データベースアヴェイルの評価&口コミと難易度!アプリの解説も

データベースアヴェイルとは?

大学入学共通テスト・英語検定試験(英検・GTECなど)に対応した新しい英単語集

英語検定試験の過去問題を徹底分析一冊で幅広い試験の対策が行えます(公式の紹介文から引用)

英単語学習に特化した『DataBase』シリーズの最新作であり、センター試験(共通テスト)および、英語4技能(listening、reading、writing、hearing)を網羅している、英語資格試験の総合対策本として受験生から広く支持されている参考書です。

各分野別にまとめられた英単語・英熟語の設問は、見開き左ページに単語や熟語、右ページで語法の使い方を例文と共に確認できる仕組みになっていて、オーソドックスながらも見やすい形式にまとめられています。

過去作の『DataBase』シリーズと比べて、4技能のテスト対策に焦点を当てた英語学習に特化している参考書です。

 英語の偏差値を1か月で30伸ばしたワザはこちら

 

DataBase AVAILの受験用参考書としての活用法

センター試験(共通テスト)と英語4技能の学習に特化したDataBase AVAILの特性から、単体での難関大学対策はオススメできません。高いレベルの英単語と熟語を強化するために、他のDataBaseシリーズと併用するのが効果的です。

さらに、分野別に設問がまとめられている特徴を活かして、違う単語や熟語を当てはめて自分で文章を作るなどして、英語記述問題対策としての活用もできます。

 

「DataBase AVAIL」のAmazonからの口コミ、レビュー

同じ分野の語彙をまとめて掲載し、「4技能」に対応しています。

例文はネイティブの書きおろしです。私はスピーキング向上を目指していますが、本書の右ページを使い日本語訳から英文が言えるように練習しています。

英検対策用に購入しました。良い意味でオーソドックスな単語帳。単語、意味、例文のレイアウトで勉強しやすいです。

通勤中にアプリで音声を聞きながら勉強しています。

 

4技能テストに特化した参考書ならではの、スピーキングやヒアリングを鍛えられるのが本書の大きな特徴となっていますね。多くの方が難関大学受験用の対策としてではなく、英語資格試験(英検、GTEC、TOEIC  Speaking&writing)対策として利用していることが口コミからも分かりますね。また、通勤中にアプリを利用して音声学習している方もいることから、学生のみならずスキルアップを目指す社会人の方にも向いている参考書となっています。

英語の偏差値を1か月で30伸ばしたワザはこちら

 

「DataBase AVAILと「他のDataBaseシリーズ」の比較

Amazonには下記のようなレビューがございます。

頻度別になっているし、似たような意味でグループ分けされているので、海馬の中で記憶が混乱しないし、速く覚えられる。

単語の種類や特徴ごとにまとまっていてイディオムも少し載っているので個人的にはターゲットより好きです

 

データベースアヴェイルは他のDataBaseシリーズと同等、もしくはそれ以上と評価されている点から非常に有用な参考書であることがわかりますね。さらに、Data Baseシリーズに共通している点として、似た意味をもつ単語や熟語をグループ化してまとめられているので、記憶がしやすいところが挙げられました。

4技能の学習に特化したDataBase AVAILといえども、多くの受験生から支持されるDataBaseシリーズ作品として幅広い人気がありますね。

英語の偏差値を1か月で30伸ばしたワザはこちら

 

データベースシリーズの悪い口コミ

実用的な単語から専門的な単語まで幅広くカバーされていていますが、例文は分かりにくいです。(無駄に長く、難解なものが多いです。)

1つ気になったのは、その動詞が自動詞なのか他動詞なのかが一目見て分かりにくいことです。

しかし一方では、他のDataBaseシリーズで挙げられていた問題点として、単語の種類判別や例文がは複雑で分かりづらいといった声もありました。

カバー範囲が広く、様々な分野の設問があるDataBaseシリーズですが、シスタンやハイパートレーニングなど他の英単語・長文参考書を用いて補強するのが良いと思われます。

英語の偏差値を1か月で30伸ばしたワザはこちら

 

「DataBase AVAILの難易度」のAmazonの口コミ

DataBaseシリーズは1700と3000を持っています。AVAILは4500と同じレベルかつそれ以上の位置づけです。

単語、意味、例文のレイアウトで勉強しやすいです。

 

データベースアヴェイルの難易度ですが、レベル的には難関私立・国公立大学用のData Base4500と同等であるので、かなりの高難易度となっています。

MARCHや早慶を目指す受験生はもちろん、難関国公立大学を目指す方にはマストの参考書レベルだと考えてよいでしょう。

さらに、4技能対策の参考書として、多くの高難易度の英語資格テストの勉強にも非常に有効です。

英語の偏差値を1か月で30伸ばしたワザはこちら

 

データベースアヴェイルの評価・評判まとめ

大学受験英語の参考書として有名なData Baseシリーズの4技能版であるData Base AVAILは、様々な分野の英単語・熟語が収録されており、難関大学および高難易度な英語資格試験の対策において非常に有用です。さらに、音声学習にも対応している本書は隙間時間を活用しての学習が可能であり、受験生の方だけではなく社会人の方にも使いやすい参考書となっています。

一方で、単語の見分け方や例文が複雑だという声も散見されていました。

Data Base AVAILを用いて学習した英単語や熟語は、『英文法ファイナル(標準編)』や『ハイパートレーニング』などの長文問題集で確認するのと良いでしょう。

未分類

Posted by reviewblog