【ブライトステージ英語の使い方】レベルと勉強法と評価&口コミ

ブライトステージという英語の参考書の「使い方」と「レベル」、そして「評価」について、実際に参考書を使った人の口コミをまとめていきます!

 

Bright Stageの口コミや評価

Amazonのレビューから、ブライトステージの口コミや評価を見ていきましょう。

解説の詳しさについて

解説が他のどの問題集よりも詳しくわかりやすい。

基本から応用まで効率よく英文法・語法・イディオムを学びたいと思っている人に最適です。

解説はネクステよりパワステ、ブラステの方が丁寧だと思いますが、パワステとブラステの解説を比べてみても殆ど同じ

様々な英文法の問題集がありますが、ネクステージなど有名どころと比べると、問題の解説が詳しいことが分かります。

一方でパワーステージとは同じくらいの解説量で、特段にものすごく解説が詳しいというよりは、他の問題集よりも少し詳しいという感じですね。

問題数がとても多い問題集ですから、解説にスペースをあまり割けないのは仕方がないかもしれません。

基本的に解説が詳しい問題集ほど、問題数は少なくなりますので、量を取るか質を取るかという話になりますね。

 

収録されている内容について

ブラステには「アクセント・発音」のPartがありません。(ネクステやパワステには「アクセント・発音」のPartがあります)

Bright Stageは新しい問題集という事で、センター試験で出題されていたけれど、共通テストで出題されなくなった「発音・アクセント」の章が削除されました。

センター試験での出題が無くなると、発音・アクセントの対策を必要とする受験生は、かなり少なくなりますからね。

とても珍しいですが、受験する大学の試験で発音・アクセント問題が出題される場合は、NextStageなどを選ぶ方が良いでしょう。

 

ブライトステージのレベル・難易度

ブライトステージのレベルについて、Amazonではこういった口コミが記載されています。

ブライトステージは基礎から標準、パワーステージは標準から応用レベルです。したがって、後者は難問も含まれており,トップ高の生徒向けです。それに比べ、ブライトステージは初めて入試問題にチャレンジする人には最適だと思います。

パワーステージのレベルは実際はMARCH合格レベルで、そこまで難しいものではないですが、この口コミの通り応用問題も含まれています。

NextStageとパワーステージは難易度はほぼ同じなので、ネクステもMARCHレベルです。

一方でブライトステージは基礎・基本の問題がとても多く、初級者向けです。

ブライトステージは基礎的な問題集ですが、1冊やりこめば文法に関しては偏差値50中盤、日東駒専や産近甲龍クラスであればしっかりと合格点を確保できます。

基礎の基礎からしっかりと固めたい人はブライトステージ、もう少し難しい内容を演習したい場合はパワーステージやネクステージを選ぶと良いでしょう。

 

ちなみにVintageやスクランブルは、ネクステージよりもさらに1ランク難易度が高いです。

ビンテージやって全然分からん文法って何?って人はネクステやれ。
そうじゃないやつはコレをやれ。

Amazonのレビューでこのように記載がある通り、「ビンテージやスクランブルが難しければ、ネクステージ。ネクステージも難しければブライトステージ。」というイメージですね。

 

ブライトステージの使い方

ここまでのレビューの通り、ブライトステージは他の問題集よりも解説は少し詳しいですが、ものすごくボリュームのある解説が用意されているわけではありません。

問題集を解いて解説を読んでみても、理解できない人もいると思います。

まずは英文法を理解するために、「参考書」でしっかりと勉強して、それをブライトステージでアウトプットするという意識で取り組みましょう。

例えば「大岩の一番はじめの英文法【超基礎文法編】」。

中学の基礎から高校の範囲まで幅広く基礎を固めれる。

基礎ができてない人、何から手をつけて分からない人にはオススメ

Amazonに「大岩の一番はじめの英文法【超基礎文法編】」について、こういったレビューが寄せられています。

しっかりと文法を理解してから、ブライトステージにステップアップしていけば、理解と演習の両立ができるでしょう。

 

ブライトステージの口コミ・レビューまとめ

・ブライトステージは他の問題集より少し解説が詳しい

・発音、アクセントの章は削除された

・難易度はネクステやパワーステージよりやさしく初学者向け

・参考書で固めてからアウトプットするのがおすすめ

未分類

Posted by reviewblog